2012年10月06日

日常業務経営の合理化IT化にクラウドを使う

日常業務経営には情報の発生吸収整理加工活用という流れがあります。
この情報(データ)の流れを活用するまで自動化するのがシステムの役割です。
クラウドが充実してくると、これらのデータとシステムを預けたいところですが、現在のところデータのみなら預けられそうです。
そこで、これらのクラウドがあたかも自分のパソコンのEドライブのような使い方ができると利用価値は大きいと私は見ています。

そこで、そのような使い方ができるクラウドを探すことにしました。ご存知の方がおられましたら下記のコメント欄にて教えて欲しい。
実現できれば、手元のパソコンはインターネットに接続できる能力さえあれば十分なものとなり、大きな合理化とIT化が実現できることとなるからです。ただ、情報のバックアップ取っておく記憶装置だけは必要です。

以下はある企業情報です。
クラウド上にデータを格納し、端末ではデータを保有しないため、万一端末を紛失した際にも顧客情報などの機密情報漏洩のリスクを軽減できます。

外回りの営業スタッフを多く抱える企業のリスクヘッジとしてはもちろん、災害などにより会社へ出勤することができない事態に陥っても、社外から会社のファイルサーバーや業務アプリケーションへ安全にアクセスすることができるため、事業を存続することができます。

さらに、ご利用中のアプリケーションの一括管理をクラウド上で行えるため、クライアントPCを大量に保有する大学などの教育機関において、機器の運用や管理の効率化、コスト削減を実現することができます。

PC・ノートPC・スマートフォン・タブレット端末からのセキュアなアクセス
顧客情報や製品情報等、機密情報の情報漏えい阻止
在宅勤務時の社内環境へのセキュアなアクセス(ファイルサーバー、業務アプリケーション、社内ネットワーク等)を実現することによるBCP対策(事業継続計画)
搭載アプリケーションの一括管理を実現
古くなったPC機器の有効利用(シンクライアントとして転用)による経費削減
クラウドを活用することによるサーバー構築の初期投資の削減や、スピーディなサービスインの実現

導入イメージ

仮想デスクトップの導入をおすすめする業態

機密情報等をノートPCやタブレットで社外に持ち出す営業を抱える企業
顧客情報登録・入力などを行うコールセンターやオペレーションセンター
常に強固なセキュリティ環境でのアクセスが求められる金融機関・保険会社
大量にPC管理(新規導入や入れ替え)・運用を行う大学や専門学校
教育機関や研修センターなど、PCの利用台数が期間により変動する企業
(http://iqcloud.jp/service/desktop/ より抜粋)

Facebookページ
ブログ http://www.kakenk.co.jp/ohta/nikki/
個人 https://www.facebook.com/ohtahideki/
会社 https://www.facebook.com/kakenk/

ホームページ http://www.kakenk.co.jp
シェア
  





posted by IT at 15:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。